読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイキヒーラーの日々

思いつくまま気の向くままに

地上滞在期間としての寿命

いつも通りのおっちょこちょいで先々週

勢いよく!ずぶっと‼ 指先を深く切りました。

傷口がふさがるまで2.3日。今回はかなり深かった…。

こんな高年世帯にも関わらず絆創膏ばかり消費して

3か月に一度の置き薬のお兄さんに笑われてます。

かつてはまるで無頓着だった手指の怪我も

今は伝授があるのでとても気になる~。 

そしてセカンド伝授後すぐの遠隔練習で流してもらったら

途端に指先のその箇所にまるで心臓でもあるみたいに

どくどくばくばく脈動し始めたのでびっくり!

表面の傷口も乾き始めてたその怪我はもう1週間も前のこと。

レイキは自動調整と言いますがほんとうに

顕在意識は忘れても内なるものはちゃんと分かってる。

そのときもっとも必要な個所にアプローチしてくれてました。

 

伝授を受ける動機もさまざま理由もそれぞれ。

健康で長生きしたいのでレイキに興味を持ちました…という方も☆

ですから、臼井甕男先生、享年62歳をお聞きになって

え~?! やめようかしら?…

なんて半ば冗談半分におっしゃってましたけどw(じつは本気?)

大正時代当時の平均寿命といえば40歳半ばくらい。

でもその頃は乳幼児の死亡率が極端に高いので

14歳未満で死亡した子供を除いた推計では60歳程度が平均寿命だったとか。

すると62歳は長寿とは言えないまでも短命でもなくごくごく平均的。

くだんの受講生さんは…本当にレイキって健康になれるの??…

そんな素朴な疑問だったのでしょうね。笑

 

いつの世のいつの時代でも、天から特別な使命を与えられ

ふつうの人にはない力を授けられる人ってあるものです。

霊術家全盛時代の当時では、有名な太霊道田中守平さんも46歳。

ですから寿命というのは健康とか病気であるとかいう以外の

人知を超えた領域であるとはよく言われることですよね。

臼井さんはそれまでの学びの集大成として大輪の花を開かせ

わずか4年の活動期間に燃焼し尽くし去って逝ったということ。

 

人生の大まかな青写真…

それを果たし尽くせば目的達成…

もうこの世で学ぶことはない…

たとえば、魂を鍛錬するための最適の場所として

この家庭生活が自分には与えられているように…。